京都市北区寺町鞍馬口の歯医者(一般歯科・小児歯科・審美歯科)谷川歯科医院

予防歯科

定期検診

HOME > 予防歯科 > 定期検診
  • 虫歯や歯周病になる前の予防が大切です

    虫歯や歯周病になる前の予防が大切です

    当院では予防歯科にも力を入れています。
    歯ぐきチェック・歯ぐき掃除・虫歯チェック・・・
    様々な結果から総合的に判断し予防いたします。

    いつもしっかり歯磨きをしているつもりでも、ブラッシングのクセや歯並びによる
    磨きにくい箇所があり、どんなにしっかりケアをしているつもりでも汚れは少し
    ずつ歯石となり、蓄積していきます。患者様お一人お一人に合った正しい
    ブラッシングの指導も行っていますので、治療が終われば完了ではなく、
    健康的な歯を継続するためにも、歯のクリーニングも兼ねて定期的な検診を
    行うことをおすすめしています。

PMTC

  • PMTCはお口のエステ

    PMTCは歯やお口のエステです。治療ではありませんのでまったく苦痛を感じません。
    定期検診に来られた患者様からは「すっきりして気持ちいい」、「つるつるして心地よい」といった声を多くいただきます。
    目指すのは終わった後の「爽快感」です。専門知識を持ったプロが専用の機器やフッ素入り研磨ジェルを使って
    歯のクリーニングを行います。歯の表面と歯と歯肉の境の溝など日常の歯磨きでは取り除くことのできないプラーク
    (細菌の塊)をすべて取り除き、歯をきれいにします。
    特に、タバコのヤニなどで着色が気になる方や口臭が気になる方、歯槽膿漏の心配のある方におすすめです。
    ツルツルに磨かれた歯はプラークがつきにくくなります。
    お口の「きもちいい」健康維持のための環境作りを目的とした処置です。

  • 歯周ポケットの検査

    歯肉炎や歯周病の検査です。歯周ポケットとは歯と歯肉の間の隙間のことを指します。歯周病が進行していくと歯周
    ポケットが深くなります。この歯周ポケットの深さを測定するために専用の器具「プローブ」を使用します。
    歯周ポケットの深さとレントゲン検査で歯肉のみの炎症である「歯肉炎」と歯を支える骨にまで炎症の及んだ
    「歯周病」の判定をします。深さと同時に、歯の根の表面の状態、歯肉の出血など歯周ポケットの中をよく調べることで、
    歯周病の進行状態や回復状態をチェックします。

  • 口腔内写真検査

    人の性格が一人一人違うように虫歯や歯周病につながる要因も人それぞれ違います。
    歯の形や咬み合わせの違い、癖、生活習慣、免疫力にも人それぞれ違いがあります。こういった様々な要因が重なり、
    虫歯や歯周病の原因を作ります。画一的な治療を行うのは簡単ですが、そういった十人十色な要因を見つけ出さなければ、
    今後の再発防止にはなりません。
    正しい診断をするためにも、ご来院いただいた際に口腔内の様子を写真撮影しておくことで、経過を確認でき、
    より正しい診断をすることに役立ちます。歯ぐきの色や、形を記録すると、経過がわかりやすいため、とても重要です。

  • レントゲン検査

    レントゲン(X線)撮影により、歯や歯の根の形、本数、虫歯、歯石、歯周病の状態、歯を支える骨の状態、
    治療した歯の状態など、目で見て分からないものを調べることができます。
    歯科治療で用いるデンタル撮影では生殖器に浴びる線量は0.003mSv(ミリシーベルト)以下と言われています。
    その影響はほぼゼロと言ってよいでしょう。レントゲン撮影は安全ではありますが、レントゲン撮影は避けたいという方は
    遠慮なくご相談ください。

診療時間

診療案内

  • アクセス

    詳しくはこちら

〒603-8146
京都市北区鞍馬口通寺町西入下る
新御霊口町285-49
Tel.075-231-5537
駐車場有
診療時間
【診療時間】午前 9:00~12:00
      午後 15:00~19:30
【休診日】日曜、祝日、水・土午後