Menu

虫歯治療について

Home

虫歯治療について

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療

気が付いたら歯に痛みが・・・、これは歯医者に行かなくては。
と、頭ではわかっていても、「痛い」や「怖い」といった過去の記憶やイメージが、歯医者に行くタイミングを遅らせてしまう。というシチュエーションは、
おそらく多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか。

谷川歯科医院では、患者様の状態をできるだけ正確に把握し、お一人お一人に
合った治療を行っています。
虫歯治療では、なるべく患者様に負担がかからない治療を心掛け、
適切な麻酔とコミュニケーションで痛みの少ない治療を行っています。

虫歯は早期にご来院いただければ治療も痛くなく、早く終わることがほとんどです。
ご来院いただいた患者様の中には、全く痛みを感じなかったというお声もいただきます。
「痛みを我慢せず、早期治療」これが重要ですね。

虫歯の深さ

歯医者さんが歯科検診で「C1、C2・・・」と話しているのを聞きませんか?
「C1、C2」とは、虫歯の進行具合を意味します。歯の状態によって、虫歯の進行具合を段階に分けることができます。
虫歯は気がつかない間に進行してしまうため、痛くなってからでは手遅れになってしまいます。
定期的に歯科検診を受けるようにして、初期の段階で虫歯を見つけ、処置・予防しましょう。

C0 - 虫歯の初期状態

C0 - 虫歯の初期状態

エナメル質(歯の白半透明の硬い部分)の表面が酸によって白く濁った状態、
もしくは溝が茶色になった状態です。
見た目にはほとんどわかりづらい、虫歯の初期状態です。
この程度なら再石灰化が期待できますので、しっかり磨いて進行を防ぎましょう。
フッ素の使用も有効です。

C1 - 虫歯の中期状態

C1 - 虫歯の中期状態

エナメル質内に細菌が進入して穴が空いた状態です。
ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できません。
また、この時点では、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。

C2 - 虫歯の後期状態(初期)

C2 - 虫歯の後期状態(初期)

エナメル質の下の象牙質にまで虫歯が進行しています。
また、見た目でも歯に黒い筋がついているのがわかります。
冷たい水や熱いものが歯にしみるようになります。

C3 - 虫歯の後期状態(中期)

C3 - 虫歯の後期状態(中期)

歯髄まで細菌が進入した状態です。
歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると炎症を起こし激しい痛みを
感じます。熱い食べ物や飲み物がしみてきて、ズキズキ痛み出します。これを歯髄炎といいます。

C4 - 虫歯の末期状態

C4 - 虫歯の末期状態

歯の根だけが残る末期症状。歯髄炎を放置すると、その痛みはある日なくなります。
それは治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっているだけなのです。
さらに放置すると、根の先から歯根膜に炎症が起こり、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を
感じるようになります。

虫歯を放置することのリスク

虫歯を放置しすぎて手術をする場合もあります

虫歯を放置しすぎて手術をする場合もあります

虫歯を放置すると、歯がどんどん溶けたり欠けていったりしてしまいます。
もちろんそうなる途中に痛みもひどくなるはずです。
でも、それも我慢して乗り越えてしまい神経がダメになって痛みがなくなるころには、ほとんど原形をとどめない姿になってしまいます。
実は、ここまでくるとかなり厄介なのです。この段階では、すぐにでも虫歯の原因菌が顎の骨に到達する状態になっているからです。
もしも顎の骨に入り込んでしまうと、歯だけでなく顎の骨もどんどん溶かしてしま
います。そうすると炎症を起こして腫れ上がってしまうことになります。
中には、この治療のために顎の骨を部分切除する手術をしなくてはならない場合も出てきます。そうなると顔の形も変わってきてしまいます。

虫歯を放置しすぎると最悪死亡することもあります

死亡するなんて、そんな大げさなと思うかもしれません。しかし、これは紛れもない事実です。
それは、歯の炎症が肺に転移し、敗血症を起こしたことが原因で18歳の女性が死亡したというケースです。
このシチリア島、パレルモに住む18歳の女性は、貧困により適切な治療を受けることができなかった
という背景があり、また非常に稀なケースであるとも言えます。
しかし、虫歯を放置することによって誰しもに起こり得るといえる現象です。

訪問診療も行っています。

訪問診療も行っています。

当院では訪問歯科診療も行っています。
訪問診療には保険が適用されますが、法令により被保険者の負担が変化する場合もございます。
訪問のエリアなど詳しくはお問い合わせください。
TEL: 075-231-5537

>> メールでのお問い合わせはこちら

〒603-8146
京都市北区鞍馬口通寺町西入下る
新御霊口町285-49
Tel.075-231-5537
駐車場有
診療時間
【診療時間】午前 9:00~12:00
      午後 15:00~19:30
【休診日】日曜、祝日、水・土午後